1970年から、新商品開発・マーケティングの人材育成のセミナー・コンサルティングと新商品開発戦略、新商品開発システム革新の仕事を続けています。

日本オリエンテーションは、マーケティングをR&Dする事務所です。
私たちの主な仕事:セミナー

マーケティングと人間学をベースに、時代の変化を先取りした実践ベーシックセミナーです。
講義の他に企業の事例発表、ディスカッションを取り入れています。
いろいろな業種の方々が参加するので、"学び合い"が出来、"人脈づくり"にも有益です。
ハッとした学びの『場』です。

PR写真RIMG0158 PR写真RIMG0005 PR146回8月3日写真

第154回商品開発セミナー『商品開発サクセス・セオリー<20時間>セミナー』

「商品開発36時間プログラムセミナー」(1983年から継続しているプログラム)のエッセンスと花王で27年間の開発事例が融合した新しい進化セミナー

開催日時 2022年2月3日(木)スタート
【日程】
   2022年
        第1日: 2月  3日(木)
        第2日: 2月  4日(金)
        第3日: 2月 17日(木)
        第4日: 2月 18日(金)
        第5日: 3月  3日(木)
        
        各回とも10〜12時、15〜17時
        
※オンライン方式(zoom)で 1日2時間×2回 ×5日 
              計20時間セミナー


【申し込みは】
以下の「セミナー参加申し込み」をクリックして申し込みをお願いします。

★★★★★★★★★★
セミナー参加申し込み
★★★★★★★★★★


★★★【講師紹介と一言】★★★

●講師  日本オリエンテーション 主宰 松本勝英

1970年、株式会社日本オリエンテーションを設立、250社、300以上の商品開発、マーケティング・プロジェクトのコンサルティング経験と、 30年150回、受講者3千人以上の「商品開発プログラムのたて方36時間セミナー」で講師を務め、 「人間学」と「マーケティングのR&D」をベースに、商品開発・マーケティング活動を展開。

<講師から一言>
商品開発の、面白さ、厳しさ、楽しさを実感できるセミナーにしたいと思っています。
井上ひさしさんの「むずかしいことはやさしく」「やさしいことはふかく」「ふかいことはおもしろく」をモットーに取り組んでいきます。


●講師  わくわく商品開発研究所長 忽那公範

元花王株式会社。ビオレ毛穴パック、ふくだけコットン、めぐりズム蒸気でホットアイマスクなどの商品開発を27年。 多くの新製品、新ブランド、新事業立上げをしてきました。消費者の気持ちを理解して新しく魅力的な商品の開発を心がけています。

<講師から一言>
消費者が喜ぶ姿が思い浮かんで、わくわくしながら商品開発をして欲しいと思っています。 そのためには、消費者にとって魅力的な商品コンセプトを作ること、プロジェクトを円滑にすすめることがとても大切です。 具体的な事例で説明しますので、商品開発のノウハウを身につけてください。



【プログラム】

T、商品開発成功の本質ーなぜ成功し,なぜ失敗するのか;担当 松本勝英

1、企業の成長と新製品率
2、顧客視点の商品と、企業視点の製品の違いを深く理解する
3、商品力の三角形をクリアーすることが成功のポイント
4、ナンバーワンを目指す開発テーマの設定
5、差別化から独自化へ


U、実践;商品開発事例成功事例・失敗事例;担当 忽那公範

1、成功事例(どうして生まれたか?どう仕上げたか?など)
2、成功事例からの学び
3、失敗事例(なにが失敗の原因か?など)
4、失敗事例からの学び
5、わくわく商品開発をしましょう


V、ニーズを発見し、新しいニーズを開発する;担当 松本勝英

1、市場の変化とニーズの捉え方
2、既存市場、顕在市場、創造市場とニーズ開発
3、市場を構造的に分析し、開発テーマ・商品ニーズを発見開発する
4、創造型商品のニーズを開発
5、ニーズ開発の調査手法


W、実践:プロジェクト推進ノウハウ、開発の心構え」;担当 忽那公範

1、商品開発の心構え
2、商品開発センス磨きのために
3、開発を円滑に進めるコツ
4、プロジェクト推進の5か条
5、事例紹介


X、商品コンセプト開発;担当 松本勝英

1、商品コンセプト開発の核は、消費者が期待する効用の開発から
2、商品コンセプトは、『効用×ターゲット×場面』の魅力関係の開発
3、効用の開発ー実質的効用、感覚的効用、意味的効用
4、ターゲットプロフィルの開発
5、場面開発?時、場所、状況の開発


Y、実践;調査設計、商品コンセプト作り;担当 忽那公範

1、商品開発フローとその調査設計
2、商品コンセプト作りの時に役立つ20のヒント ⇒ 深める
3、商品開発センス磨き
4、シーズの仕上げ方
5、調査設計


Z、商品コンセプト・クリエーション;担当 松本勝英

1、「で」から「が」
2、ネガティブの解消からポジティブの開発へ
3、生活DELIGHTの開発
4、既存視点を捨てて、新視点で商品コンセプトを開発する
5、AND化、上方展開など


[、商品コンセプト開発演習;担当 忽那公範、松本勝英

参加企業の商品をテーマに、商品コンセプトづくりのプロセスを具体的に学ぶ
・ 商品の本質
・ ターゲットは
・ 効用とは
・ 場面とは
・ 商品コンセプトに


\、市場導入戦略の立て方;担当 松本勝英

1、新商品の普及過程とインフルエンサーの発見
2、口コミの開発
3、トライアル、コミュニケーション、流通
4、導入後のフォローアップ
5、新商品成功の10の原則


]、課題解決ミニコーチングとまとめ;担当 松本勝英 忽那公範

松本勝英の長年にわたる商品開発コンサルティングの経験と
忽那公範の花王における現業体験をもとに
参加者の課題の抽出、課題の問題点と本質、課題解決の方法などをディスカッション形式で 展開していきます。



【費用】
一人参加
110,000円(10万円+税)
二名以上参加
一名88,000円(8万円+税)

【申し込みは】
以下の「セミナー参加申し込み」をクリックして申し込みをお願いします。

★★★★★★★★★★
セミナー参加申し込み
★★★★★★★★★★


追って、参加証、請求書、zoomの案内を送りますます。


【問い合わせ】
下記の「問い合わせ」をクリックして、問い合わせ内容を記入してください。

問い合わせ

主催
日本オリエンテーション と わくわく商品開発研究所 の共催

「36時間セミナー」参加企業一覧参加者の声

CVS向け商品開発セミナー

開催予定 準備中

新商品開発 会津 車座塾

開催日時 次回日時未定